まだ天空率の低いところに場所に住んでいるの?

全国の天空率マニアの皆さん!

こんにちは。
てか「天空率って何なの?」と思っているそこのあなた。

天空率とは
おもに建築設計において、天空の占める立体角投射率のことをいう。ある地点からどれだけ天空が見込まれるかを示し、100%が「全方向に天空を望む」状態、0%が「天空がすべて塞がれた状態」である。建築基準法において、建築物の立体形状に対する制限の一要因という位置づけとなっているが、これは平成14年建築基準法改正において斜線制限の緩和条件として盛り込まれたものである。そこでは、斜線制限の範囲内で建てられる建築物と同等以上の天空率を建築物の周辺で確保できることが緩和条件となっている。天空率の計算のために同心円状に天空をマッピングしたものを天空図という。これは魚眼レンズで天空を撮影した写真と同等になる。また、建築学への環境工学的心理学的なアプローチにおいても、空間の開放感や閉塞感を定量的にあらわす指標としても天空率は用いられる。

ウィキペディア引用

 

わかりやすくいえば

「どれだけ空がみえるのか?」ってこと。

天空率低いよ

あなたの家はどうですか?
高い建物に囲まれていませんか?

人生で2度ほど東京に行きましたが・・・
ほんと天空率の低い場所ですね。
田舎出身の僕にとってはとても息苦しい場所でした。
とても住みたいとは思いません。

福岡で3度ほど引越ししていますが
引っ越すごとに福岡市の中心から離れています。
天空率が高くなっています。
視界に入ってくる木々の面積も増えています。

登山したことある人なら
登頂したときの達成感と絶景は心に残ってませんか?

釣り好きな人なら
見渡す限りの水平線に心打たれたことがあるでしょう。

遮るものがない、つまり天空率が高い場所っていいと思いませんか?
住んでいるところが天空率の高い場所ならいいと思いませんか?

都会から地方に引越す人をよく耳にします。
これだけネット環境が良くなればどこに住んでても仕事できるし。
わざわざ高い家賃払って窮屈な生活しなくないよね。
ちょっと家の外に出てみて空が狭いなぁと感じたなら

天空率の高い環境に引っ越してみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です