節水シャワーヘッドに取替えるだけで毎月お金が貯まります

お風呂のシャワーヘッドを節水タイプのシャワーヘッドへ変えるだけで毎月お金が貯まるんです。

お金が貯まる仕組み

なぜシャワーヘッドを変えるだけでお金が貯まるのか知りたいですよね?僕が買った節水シャワーヘッドは、タカギというメーカーのシャワーヘッド。
これまで使っていたシャワーヘッドよりも約30%節約できる仕様です。

例えば、僕が1人暮らしで毎日10分シャワーを使ってお風呂に入ると仮定します。

一般的なシャワーヘッドの場合、毎分12リットルの水が出ますので、一日あたり120リットルの水使っている計算になります。僕が買った節水タイプのシャワーヘッドは、水を30%カットできるので120リットルの3割、36リットル毎日水を節約できます。1ヶ月で1,080リットルの水を節約できる計算です。

水道料金は、全国平均で1リットルあたり0.24円ですので、0.24円×1080リットル=1ヶ月あたり、約260円の水道代を節約できる計算になります。

節水型のシャワーヘッドに変えるだけで、毎月260円お金が増えるんです。

260円なんてたいしたことないなと思われるかもしれませんが、半年で約1,300円。1年で2,600円も節約できます。僕が買ったシャワーヘッドなら、半年で元がとれる計算です。それ以降は毎月お金が貯まっていきます。

ただシャワーヘッドを変えるだけで、お金が貯まるんです。

これって凄くないですか?家族が複数人いれば、さらに節約できる水の量が増えますし、女性の場合、シャワーを使う時間が長い方が多いので、節約効果が高まるはずです。

ガス代や電気代も安くなるの?

お風呂に入ってシャワーを浴びるときは、だいたいお湯にします。3割節水できるから、ガス代や灯油代、電気代も30%安くなるのでは?と思ってしまいますが、水量が30%減ったからといって、3割も安くなることはありません。

ガス代や灯油代、電気代を節約する効果的な方法は別にあります。

・給湯器の設定温度を1度下げる
・シャワーを出しっぱなしにしない
・湯船に貯めるお湯を減らす

などです。この他にも、追い焚き付きの給湯器なら、追い焚き時間を減らす、一度にお風呂に入るなど色々あります。

シャワーの圧力が弱くなる?

30%も水が出る量が減るから、シャワーの勢いが足りないのでは?と思うかもしれません。確かに水量が3割も減るので、シャワーの勢いが弱くなった感じもしますが、シャワーヘッドから水が出るところ、穴の形状を工夫してあるので、それほど圧力が弱いとは感じませんでした。

手元でシャワーが止まるボタンが便利

意外と便利な機能が手元でシャワーを出したり、止めるボタンが付いてること。わざわざシャワー水栓のハンドルを回さなくても、手元で水を一時的にストップできます。手元でオンオフできて便利なんですが実は、節水効果もあるんです。

注意
シャワーヘッドの止水ボタンは一時的に水を止めるためのもの。お風呂から上がるときは、必ずシャワー混合水栓のハンドルやレバーで水を止めましょう。

シャワーヘッドを交換するために必要な工具は?

シャワーヘッドを新しく交換するために必要な道具は特にありません。シャワーヘッドとホースをそれぞれの手で掴んで左に回すだけ。クルクルとシャワーヘッドが回って外れます。
新しく買ったタカギのシャワーヘッドを締め込むだけ。誰でも簡単に交換ができますよ。

シャワーホースを交換するには、工具が必要です。詳しくはコチラの記事をご覧ください。
誰でも簡単!失敗しないシャワーホース交換手順