誰でも簡単!失敗しないシャワーホース交換手順

ユニットバスのシャワーホースが古くなったので交換することに。
工具と部品さえそろっていれば誰でも簡単に5分以内でシャワーホースを取り替えることができる。

我が家のカランはレバーで温度調節ができるサーモスタット式シャワー水栓と呼ばれるもの。
シャワーホースは安いものであれば1200円程度。必要な工具も1600円程度でAmazonで買うことができる。

シャワーホースの交換を業者に頼んだら部品と工賃で8000円はするだろう。
業者は「こんな簡単な作業でわざわざ呼ばないで」って心の底では思ってるかも。

取り替えに必要な工具と方法さえわかればDIYで安く済ませることができる。
ひと昔前ならわざわざホームセンターにシャワーホースと工具を買いに行かなければならなかったが、今はポチるだけ。便利な世の中になったものだ。

シャワーホースなんてどれも一緒だからと適当に選んで買ってしまうと失敗します。
なぜなら、水栓を作っているメーカーによって規格が違うからです。

シャワーホースを買う前に必ず調べることとは?

1.水栓(カラン)のメーカーと品番
2.シャワーホースの長さ

この2つは必ず調べましょう。なぜかというと水栓メーカーによってシャワーホースと水栓をつなぐネジのサイズが違うから。せっかく買ったシャワーホースが無駄になってしまうからね。

もうひとつがシャワーホースの長さ。
一般的なシャワーホースの長さは1.6mだけど、カランとシャワーフックの位置が遠い場合は1.6mの長さでは足りないこともある。取り付けてあるシャワーホースの長さをメジャーなどを使って測ろう。

メーカー名はどこに書いてあるの?

TOTOサーモスタット混合シャワー水栓
一般的にメーカー名は水栓の上部に書いてあることが多い。
我が家の水栓はTOTO。品番は水栓金具の下側にTMG40WQ1と書いてある。

日本国内で発売されている水栓金具のメーカーはTOTO、INAX、KVK、KAKUDAI、MYM、三栄水栓、カクダイ、YuKoなど様々。海外製のものであれば、グローエ、SERAなどある。
調べたメーカー名と品番はメモしておこう。

メモしたメーカー名と品番をもとにシャワーホースを探します。
取替用のシャワーホースであれば、国内メーカーの水栓に取り付けられるように付属部品にアダプターが付いている。我が家に合うものを探そう。長さも確認して注文しようね。

今回選んだのはカクダイのシャワーホース。

選んだ理由はただひとつ!安かったから。

今回はシャワーヘッドも取り寄せることにした。

タカギのシャワーヘッドキモチイイシャワピタTは節水型で手元のボタンを押すと一時的にシャワーをストップできるタイプ。
シャワーホースとシャワーヘッド
それぞれのパッケージの裏面には取り付け方法が書いてある。

試しにシャワーホースとシャワーヘッドをつなげてみる。

我が家の水栓はアダプターを付けることなく、ピッタリハマった。

シャワーホースを交換するために必要な道具は?

シャワーホースを取り替えるために必要な工具はこれだけ。

一般的にはプライヤーと呼ばれている工具。トップ工業のマルチウォーターポンププライヤの面白いところは、持ち手のところにマイナスドライバーが付いている。このマイナスドライバーは以外と便利。カランの止水栓を締めたりもできる。

もし、家にモンキーレンチがあるなら、わざわざプライヤーを買わなくても代用できる。

では、早速シャワーホースを取り替えてみよう。

シャワーホース交換手順

シャワーホースを工具を使ってはずす→新しいシャワーホースを取り付ける

これだけ。実にシンプル。まずはシャワーホースの根元をプライヤーかモンキーレンチで挟んで回す。
シャワーホースをモンキーレンチで外す

MEMO
先にシャワーヘッドを外しておいたほうが作業しやすい!

シャワーヘッドが付いたままホースの根元を回すとホースがクルクル回ってヘッドが暴れ出します。だから、先にシャワーヘッドを外しておくのがオススメ。

シャワーホーズを水栓金具から外したら、新しく買ったシャワーホースを取り付ける。我が家はそのままでは付かないので、付属部品のアダプターを先に取り付ける。
付属部品アダプター
我が家はTOTOの「C」タイプがピッタリはまった。

それからシャワーホースを取り付ける。工具で締め込まないとダメかと思ったけど、手で締めたら水が漏れなかった。
アダプターにシャワーホースを取り付け
シャワーホースにシャワーヘッドを取り付ける。

取り付け完了!試しにシャワーを出してみる。

水漏れなし。以上がシャワーホースの交換手順でした。誰でも簡単に5分程度で交換できるから挑戦してみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です