福岡初!モンベル「フレンドフェア」最速レポート

これまで横浜、大阪で開催されていたモンベルフレンドフェアがついに福岡で開催!!
待ってましたよ。モンベルファン、モンベルクラブ会員としては行きたい、いや、行くべきイベント。

フレンドフェアの会場では、モンベル商品の展示はもちろん、楽しいイベントや体験コーナー、全国各地のフレンドタウンの紹介、掘り出し物やお買い得商品が集まるアウトレット商品販売会場も。

人が少ないであろう初日の朝一に行くことにした。
会場は福岡国際センター。
福岡国際センター
開場10分前に到着したんだけど・・・なんと!!長蛇の列。
モンベルクラブ会員長蛇の列
福岡にも熱心なモンベルファンがいますね。

9時になり、入口のドアがオープン。
モンベルカードを提示してイベント開場へ。

会場入口でモンベルクマが出迎えてくれます。

1階は、イベントステージ、フレンドタウン、飲食販売コーナーなど。
目玉のクライミングタワーやキッズクライミングスペースも。
会場奥にアウトレット商品販売会場があります。

2階は自転車、テント、カヤックの展示販売、スライダー体験、ワークショップスペースあり。

まずは、フレンドタウンエリアへ。

長門市ブースに行くと「木のたまご作り」無料イベントが開催中。

なんでも長門おもちや美術館に「たまごプール」があり、今回作る2つのたまごの内1個持ち帰り、もう1個を「たまごプール」に寄付するみたい。

のこぎりで木の卵を切り出し、角をヤスリで削って完成。

最後に名前を刻印してくれる。
スタッフの方が長門おもちや美術館に来て自分の卵をさがしてくださいね!

次に向かったのはフレンドアイランド屋久島。
500円でアルファベットや動物が刻印された屋久杉のキューブ詰め放題イベントあり。

袋ギリギリいっぱいにサイコロ状の屋久杉詰め込んだ。

歩き回ってお腹空いてきたので飲食販売コーナーのカレーを注文。
ちょっと辛めのチキンカレーを堪能。


高さ7mのクライミング体験コーナーは子ども達で賑わってました。

その奥のアウトレット商品販売コーナーは大人でいっぱい。
モンベルアウトレット展示販売
そういえば、開場と同時にアウトレットコーナーに走る方々もいたなぁ。
欲しかったものが安く手に入るんだから狙ったものがあるなら走って向かう気持ち少しわかる。

階段を上がり2階のテント展示販売コーナーへ。
キャンプにぴっったりなテントが並んでいた。

奥の方でテント立て体験コーナーがあったので試しにステラリッジ2型を組んてみた。
ステラリッジ2型組み立て
モンベルスタッフの方に教えてもらいながら組み立てたんだけど思いのほか簡単だった。
ステラリッジ2型完成
やっぱりステラリッジいいなぁ。

スライダー体験コーナーを抜けてワークショップスペースに向かうと、ちょうどロープワーク講習会が始まっていた。キャンプ、登山をするなら知っておきたいロープワーク。

今日はあまり時間がなかったので講習会を横目にザックや登山靴などが展示してある素材と機能の知識コーナーへ。モンベルの最新ザックやブーツの展示、試着もできて楽しかった。

そうこうしていると1階のステージからケーナの音色が。

そう、今日11時からはサンポーニャ&ケーナ奏者、瀬木貴将さんでした。
瀬木貴将
力強いサンポーニャの音色が最高でした。

滞在時間が残りわずかとなったので、最後のお楽しみ「抽選開場」へ。
モンベルカードを提示すると一回だけクジが引ける。

抽選で当たったのは、便利なフォームクッション!
モンベルフォームクッション
家に帰り、今回のモンベル「フレンドフェア」の戦利品をまとめてみました。
飲食販売コーナーで買ったパウンドケーキとクッキー。

それから屋久島コーナーの麻バックとパンフレット
もちろん、キューブ屋久杉もね。


最後に長門市コーナーの木の卵と長門マステ。
長門マステは長門市にちなんだデザインのマスキングテープ。

円形のコマ型の木は卵を切り出した残り。
捨ててもいいけど、湯船に入れると桧の香りがしていいみたい。

いやー本当に楽しかった!mont-bell clubフレンドフェア2018in福岡。

インスタグラムで呟いてますが、また福岡でフレンドフェア開催してくださーい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です