ちきりんさんの[マーケット感覚を身につけよう]を読んで気づいたこと

前々から気になってた社会派ブロガーちきりんさんの本

我慢できなくて、読んだんだけどめちゃくちゃ良かった!もう3回も読み直した。
今、本業で取り組んでいることが「間違ってなかったんだ」と再認識できたし、さらにワクワクしてきた。

この本[マーケット感覚を身につけよう]の中で一番グサっと突き刺ささったこと。

今、稼いでいる会社(個人)は市場を作っている。
FacebookだってLINE、芸能人だってそう。
市場があるから人がコミニュケーションが取れてお金も動く。

これからは個人の時代と言われている。
市場の作り方は人それぞれ。自分に合う「面白い!楽しい!」って思ったことが市場を作ることになれば最高。

この本は大人でも読むべき本だけど、高校生や中学生にもぜひ読んでほしい。

ちきりんさんはブログの中で

大人の世界の入り口にいる子ども達(12歳の時の私)に、社会のリアルについて知り、考えるきっかけを与えること、思考することの楽しさを知ってもらうこと

と綴られています。

ちきりんさんのブログはこちら。
12歳の時の私のために – Chikirinの日記

子ども達にはこの世の中を生き抜く力を身につけてほしい。そのためにはマーケット感覚を身につけないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です