博多とんこつラーメン濃麻呂(こくまろ)は一杯500円で食べられる美味しいお店。

福岡で人気のラーメン屋といえば一蘭や一風堂、ShinShinだろうけど、一度は濃麻呂(こくまろ)ラーメンも食べるべき。

濃麻呂は創業20年を超え老舗の域に。僕の中では博多の「王道とんこつラーメン」って勝手に思ってます。ワンコイン500円でラーメンが食べられるのもいい。

濃麻呂のホームページによると

濃麻呂のスープは口当たりはまろやか、旨味はしっかり、後味あっさりのとんこつスープ。麺は一晩寝かせた深みのある毎朝手作りされる細麺。チャーシューは70℃の低温ラードに漬け込み、フレンチの技法で言うコンフィのような調理法で旨味を凝縮。柔らかな食感が病み付きです。

とのこと。今回は国道3号線沿いの名島橋店に行ってきた。駐車場が10台以上もあるのにランチタイムは満車になることが多い。濃麻呂行くなら開店時か少し時間ずらした方がゆっくり食べられるのでオススメ。

開店11:00から15:00まではお得なランチタイム。
ラーメン+ギョーザ6個+半チャーハン「ミックスランチ」820円
ラーメン+半チャーハンチャーハン「チャーハンランチ」720円
などお得なランチが目白押し。

もちろん、ラーメンのメニューも充実。

今回は基本のラーメンを注文。麺の固さも選べます。いつもの「かた麺」を注文。

テーブルには無料のトッピングが並んでいます。博多のとんこつラーメン店の定番「にんにく」「辛子高菜」「紅ショウガ」。
ラーメンが出てくるまでの間、辛子高菜をつまむのがちょっとした楽しみ。

濃麻呂(こくまろ)の店内はラーメン屋さんにしては窓が多くて明るい。
無垢材を使った長いテーブル席と厨房前にはカウンター席もある。


店内の壁には「ぎょうざ」「焼豚」「角煮」などの一品メニューが。「酢もつ」が気になるなぁ。今度頼んでみよう。
そうこうしてると「お待たせしました!」来ましたよ。

これが濃麻呂のラーメンです。
チャーシュー、きくらげ、ネギとのりが乗っています。
まずは麺をズズズッといっちゃいましょう。

細麺に濃麻呂とんこつスープが絡んでたまらん!
確かにスープはまろやかで、後味すっきりしているので食べやすい。

濃麻呂のチャーシューは脂身の多い部位が使われているためプルップル。

刻みネギも多めで嬉しい。

あっという間に麺がなくなったので「替玉」を注文。
替え玉用の器ってお店によって様々だけどこのステンレスの器って珍しいんじゃないかな。

最初はテーブルに置いてあるトッピング達を何も入れずりそのまま食べ、替玉のときにトッピングを入れて味わうのがいつもの流れ。
決まって「辛子高菜」をぶち込んで食べるのが定番です。
もし、翌日が仕事じゃなければ「にんにく」をぶち込みたいけど今日は我慢。
すりゴマも忘れずに入れましょう。

食べた食べた。お腹いっぱい。
そうそう、濃麻呂では精算時にお得な「煮たまご無料券(半カット)」がもらえるよ。
次回は煮卵入りラーメンを食べよっと。

濃麻呂 名島橋店

店休日:年中無休
営業時間:11:00~26:00
TEL:092-673-1875
住所:福岡県福岡市東区名島2丁目32-12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です